デイケアブログ

節分

二月に入りました。

二月といえば節分ということで鬼のお面作りをしました。

最初に塗り絵をしてもらい髪の毛の部分は毛糸をつけ立体感を出しました。

同じ顔でも色や塗り方が違うだけでいろんな表情の鬼がたくさんできました!

かわいらしい鬼が完成しました!

頑張れニッポン

平昌オリンピックに湧く日本。

ここ元町デイケアの利用者様からもあちこちで話題に上がります。

「若い子が頑張っとるのん」

「昨日はメダルまでおしかったらぁ」

この日はご利用者様からのリクエストでフィギュアスケートの応援です。

みんなで作った旗を振り。

一つのジャンプに息をのみ。

一つのジャンプに大声援。

演技の最後には感動の拍手。

やったぁー!

利用者様の応援が届き、見事金メダル!

さあ、次は「東京2020」

リハビリ~目標を持って~

色とりどりの折り紙がテーブルに広げられていますね。

滝町デイケアに通われているH様は、手先が器用で若い時から折り紙が大好きなのだそうです。

リハビリとは”決まりきったメニューをこなすだけ”と考えてしまいがちではありませんか?

リハビリ専門士が利用者様お一人お一人のご性格に配慮したり、これまで培ってこられた事(お仕事や趣味など)を取り入れたり、ご希望(やりたい事や挑戦してみたい事)をうかがって内容をアレンジさせて頂いております。

利用者様にとってより楽しく効果的なリハビリとなるよう、担当のリハビリ専門士が工夫をこらしています。

H様は「折り紙で作品を完成させる」という目標を持ってリハビリに励んでおられます。

作業療法士はH様の隣に座り、細かな指先の動きを指導しながら完成に向けてのお手伝いをしていきます。

リハビリに一生懸命取り組むH様のお姿は、きっと他の利用者様の励みになっているはずです。

H様、作品ができ上がりましたら、是非デイケアの皆さんにもご披露下さいね。

2018年 初笑い大会

とよおかデイケアでは、今年一年、笑顔で過せますようにと願いを込めて『初笑い大会』を開催しました!

二人羽織

お母さん、まずはお茶を一杯!

「あっつあつのカップうどんを召し上がれ」

「あちっ!」

「熱そうだね、もう少し右だよ!」

上手く食べれると、利用者様から、拍手を頂きました!

"

"

ヤクルト一気飲み

「誰が一番早いかなぁ」

「げほっ!」

"

「むせたむせた!大丈夫??」

"

羽根つき大会

"

「さぁ来い!!」

「頑張って、頑張って!」

結果が悪かったペアは罰ゲーム。

利用者様から落書きシールを貼られちゃいます。

"

"

福笑い

"

"

今度は利用者様がチャレンジ!!

「もっと上!!あぁ~右、右!」

「どこ?ここ?」

"

尻相撲

利用者様に、誰が優勝するのか投票してもらいました。

「はっけよ~い、のこった!!」

"

初笑い大会では、皆様の笑顔をたくさん見ることができました!!

今年もスタッフ一同、皆様が元気に

とよおかデイケアに通って頂けます様にサポートさせて頂きます。

"