ごあいさつ

理事長近景「医療、介護 日本一への挑戦」

高齢者に対する医療に専門性が求められるのは、「高齢者」は年を取った大人ではないからです。

「高齢者」は、身体的、精神的にも特殊な環境にあるのだということを意識して、そのヒトの余生に携わり、意義ある生活を提供する立場を忘れてはいけません。

また、このことに参加できる喜びを噛み締めなければなりません。

私共はリバイバルのための標語として、以下のものを掲げます。

「医療、介護 日本一への挑戦」

私はこれは実現不可能な目標とは思いません。

医療従事者、すなわち当医療法人で働く人達の給付は十分に手当てされるべきであると、私は考えております。その理由は、医療というものは結局「ヒトの思いやりと実際の手」で行われるからです。

その到達点にはまだまだかなりの距離があります。当医療法人から世間の常識となっているレベルを、改善しエネルギーへと変えてまいります。

私共は、リバイバル前からの十字架を背負った状況でありますが、この苦境をバネに変え、社会から自他共に認められる医療法人として挑戦を続けてまいります。

医療法人豊岡会
理事長 千田 金吾