スタッフ

よろしくお願いします

滝町デイケアに、待望の新しい職員Aさんが入りました!

利用者様のお名前とお顔を覚えようと、自ら利用者様に話しかけメモを取る姿に…自分自身の入職間もない頃の新鮮な気持ちを思い出しました。

利用者様のもとに向かい、積極的にコミュニケーションを試みるAさんの真摯な姿勢を見ていると、きっと利用者様に愛される職員になってくれるだろうな…なんて明るい将来を思ったりします。

そんなAさんを、利用者様は笑顔で温かく受け入れて下さっています。

全ての利用者様が初対面、全員を覚えるまでは復習あるのみ!

がんばれAさん (^^)/

何でも聞きますよ )^o^(

利用者様にとって、デイケアフロアーでは介護職員との交流が主となりますが、リハビリの時間は”リハビリスタッフの指導のもと”でリハビリに励んで頂ける貴重なお時間となります。

写真は、リハビリ中の一コマです。

滝町デイケアのリハビリスタッフは20代~30代と、利用者様にはお孫さんと同年代くらいの若者が多く在籍しています。

利用者様が在宅生活を今後も続けていけるよう、リハビリスタッフの”専門的な知識と技術”でリハビリを提供させて頂いております。

決して聞き耳を立てているわけではありませんが、リハビリ中の会話が聞こえてくることがあります。

「うちの息子がね、地域の役員になってて…大変なの!!忙しそうよ~。」と。(^_^)

リハビリ担当者に、日頃の出来事やお孫さんの結婚やひ孫さんが生まれるという嬉しい報告をして下さったり、時には不安や悩みを相談して下さる利用者様もいらっしゃいます。

利用者様がリハビリ担当者を信頼してなんでも気軽にお話しして下さるのは、ありがたいことです。

滝町デイケアのリハビリスタッフは、利用者様のお話しをじっくりお聞きしますよ )^o^(

感覚

とよおかデイケアオープン当時から利用して下さっているA様。

脳出血を患い後遺症で右麻痺が残りリハビリに通われております。

利用当初は車椅子で過ごしておりました。

 

「病気になる前の自分になりたい。」
「自分の足で歩きたいんだ!」 と強く願い、
日々、リハビリに励まれ、今は歩行器で歩けるまで回復されました。

021517_0802_1

いつもリハビリに熱心なA様。

自主訓練では平行棒での歩行訓練・エアロバイク。

リハビリ専門士による個別のリハビリを重ねここまで回復できたのもA様の気持ちと努力の賜物だと思います。

 

オープン当初からの馴染みのA様とはよく昔話をします。

あの頃はあーだった。こーだった。

そんな話の中で歩行器で歩くA様に「よくなってるよね」とスタッフが言います。

でも、A様は「まだまだ」と。

A様にとって歩行器で歩けることはゴールではないのです。

 

そんなA様のリハビリに最近写真のようなリハビリが取り入れられました。

021517_0802_2

スタッフが手引きで歩行器なしで歩行訓練をしています。

A様といろいろ話し合って取り入れたこのリハビリにA様は

「自分で歩いているような感覚なんだよ。

歩行器で歩くのは機械で歩かされている感覚なんだよね。

これは自分にしかわからないことなんだけど、この時間が嬉しいんだ!!

もっともっと歩けるようになりたい。頑張ろう!ていう気持ちにさせてくれるんだよ。」

と嬉しそうにお話ししてくださいました。

 

A様のおっしゃる感覚・・・
これは確かにご自身にしかわからないものです。

でも、利用者様の意向を大切にしながらプロのリハビリを実施することや、自主トレーニングのサポートすること、目標に向かって一緒に取り組んでいくことはできます。

単純に筋力を上げるトレーニングだけでなく、気持ちを前向きに持っていくトレーニングだってリハビリなんだ。

私達の役割をあらためて実感させてくれたA様ありがとうございます。

A様をはじめとする利用者様の思いが実現するようこれからもスタッフ皆でサポートしていきます!!

滝デイ“縁の下の力持ち”

デイケアに通って下さっている利用者様から「職員さんが多くて、顔と名前が覚わらん。」としばしばうかがいます。

特に冬場、感染対策の為にマスクを付けていると「みんな同じ顔に見える」と言われたりして…。

ところが、運転手さんのことは覚えて下さっているようです。

現場では女性職員が多く勤務していますが、滝には送迎に携わっている男性運転手さんが3名います。

他の職員の誰よりも先に出勤し、送迎車の清掃に励む運転手さん方には感謝です。

朝一番、まだ空気の冷たい時間帯でも文句ひとつ言わずに、バケツの水でタオルを絞って、ごしごしとガラスの汚れを落としてくれています。

月曜日から土曜日まで毎日、朝夕の送迎で使う車は、土ぼこりなどで思いのほか汚れているものです。

「利用者様に気持ちよく乗車して頂けるように」との思いを込めて、運転手さんの雑巾を握る手には力が入ります。

運転手さんは”縁の下の力持ち”です。


運転手さん、毎日ありがとうございます !!